2019年09月22日

理想と現実

花禅の庄 三代目 石澤亮太です。

日本が観光立国として海外からの旅行者をどんどん受け入れる体制を整えています。

地方もそれぞれに試行錯誤を重ね、海外からの旅行者をどんどん増やしているところと、
完全に出遅れているところ、まったく興味無しというところがはっきりしてきていますね。

さてさて、黒石温泉郷はというと…。

まだまだ結果は出せませんが、頑張っている最中という事ですね。

黒石温泉郷のアキレス腱ですが、やはり2次交通の悪さですよね。

更に冬場の雪深さ。


今年の夏は暑かったですね。

世界の都市はわりと北国で、雪も多い地域にありますよね。

暑すぎると思考が悪くなるから、なんだろうなと何となくこの夏に感じました。

青森なんて気候としてはかなりいい場所だと思うんですけどね。

さておき、

「冬の雪深さ」と「交通の便の悪さ」は、正直民間レベルで克服するには壁が高すぎるのですよ。

冬場を考慮しつつ交通インフラを整えるのは至難の業だと思います。
要するに「お金」がかかりすぎるわけです。

国際便の飛行機をどんどん受け入れたとしても、
冬場の雪道を好き好んでレンタカーで走りたい旅行者もそうそういないと思いますからね。
自分の車じゃないし、さらに反対ハンドルで車線は雪で見えない!

もう自治体にお願いするしかないですよね。

どうにかしてください。と。


まぁ、泣き言ばかりも言っていられないので、自分達で出来る範囲でこんな事を企画したわけです。

興味があればクリックしてご覧くださいね。

  ↓↓↓
20191015広報あおもり広告原案.pdf

どちらかと言えば青森市周辺の方々向けですが。








posted by 花禅の庄 若旦那 at 18:47| Comment(0) | 若旦那の言葉