2019年09月28日

あぁ、伝わらない、伝えられない、伝えたい。

花禅の庄 三代目 石澤亮太です。

突然ですが、この写真
   ↓↓↓
IMG_3975.jpg

はい、私の子供たちが映っています。

遊ぶ姿が可愛かったから写真でパシャパシャ撮ってみた。

という親バカの話では無く、

その奥の風景がとても綺麗だったので、

風景をパシャパシャ写していたら、

たまたま子供たちがそこで遊んでいたわけです。

庭園の木々が色付いてくると、秋も深まった頃。

色付く前の盛りの時期でしたね。

なんだかとても綺麗な景色に見えたので、

これはと思って写したのですが、

こうしてみると全くあの感動が伝わってこない!

まぁ私も写真家ではないので、写そうとして写せるものでないのはわかります。

でも、感動の10分の1も表現できなかったことがとても悔やまれるわけです。


なんでもそうですけど、本当に他人(ひと)に伝えるって難しいですね。


P.S.
この広告もそうなんです。
20191015広報あおもり広告原案.pdf

でも、プロに任せると、やっぱり全然違いますよね。

まだ公開できませんが、同じ内容をプロに任せると…。

またおしらせしますね〜。



posted by 花禅の庄 若旦那 at 18:20| Comment(0) | 若旦那の言葉

2019年09月22日

理想と現実

花禅の庄 三代目 石澤亮太です。

日本が観光立国として海外からの旅行者をどんどん受け入れる体制を整えています。

地方もそれぞれに試行錯誤を重ね、海外からの旅行者をどんどん増やしているところと、
完全に出遅れているところ、まったく興味無しというところがはっきりしてきていますね。

さてさて、黒石温泉郷はというと…。

まだまだ結果は出せませんが、頑張っている最中という事ですね。

黒石温泉郷のアキレス腱ですが、やはり2次交通の悪さですよね。

更に冬場の雪深さ。


今年の夏は暑かったですね。

世界の都市はわりと北国で、雪も多い地域にありますよね。

暑すぎると思考が悪くなるから、なんだろうなと何となくこの夏に感じました。

青森なんて気候としてはかなりいい場所だと思うんですけどね。

さておき、

「冬の雪深さ」と「交通の便の悪さ」は、正直民間レベルで克服するには壁が高すぎるのですよ。

冬場を考慮しつつ交通インフラを整えるのは至難の業だと思います。
要するに「お金」がかかりすぎるわけです。

国際便の飛行機をどんどん受け入れたとしても、
冬場の雪道を好き好んでレンタカーで走りたい旅行者もそうそういないと思いますからね。
自分の車じゃないし、さらに反対ハンドルで車線は雪で見えない!

もう自治体にお願いするしかないですよね。

どうにかしてください。と。


まぁ、泣き言ばかりも言っていられないので、自分達で出来る範囲でこんな事を企画したわけです。

興味があればクリックしてご覧くださいね。

  ↓↓↓
20191015広報あおもり広告原案.pdf

どちらかと言えば青森市周辺の方々向けですが。








posted by 花禅の庄 若旦那 at 18:47| Comment(0) | 若旦那の言葉

2019年09月04日

変わらない事

花禅の庄 三代目 石澤亮太です。

最近なかなか泊りがけで旅行に行く余裕が無い(;´Д`)ので、

家族で旅行にでもでかけたいな、としみじみ思っているわけです。

家内が東京出身なので年に一度くらいは帰省するのですが、

まぁ、これも家族旅行ですね。

私自身、高校卒業後に仙台、大学卒業後に東京、都内でも数か所を転々と住処を変えて、

10年程前に生まれ故郷に戻ってきました。

旅行というより引っ越しですね。

まぁ狭い範囲ではありますが、

いろいろな場所を渡り歩いてきたわけです。

今考えてみれば、当時はいろいろな場所に行ってみたいというより、

ずっと同じ場所に居たくないという気持ちが大きかったかもしれません。

これって旅行も同じかもしれませんね。

例え、庭園があって、温泉もあるような豪華な屋敷に住んでいたとしても、

同じ場所にずっと暮らしていたら、

外の空気を吸いたいと思う瞬間がかなりの頻度でやってくるのではないでしょうか?

今年の3月に家内の実家に帰省はしましたが・・・。

半年程度で禁断症状が現れ始めております。



変わらない事、本能なんだと思います。

なんとなく共感出来る貴方、

そんな貴方をいつでもお待ちしております。

ちょっと先の話、11月のあたまから、来年の桜が咲く直前まで、

黒石温泉郷に遊びに来やすくなる企画をご用意しました。

温泉が非常に恋しい季節ですね、

気になる方だけ、こちらからご覧くださいね。

↓↓↓



20191015広報あおもり広告原案.pdf




posted by 花禅の庄 若旦那 at 19:25| Comment(0) | 若旦那の言葉